ブログ

リモートワークが進むと社員と外注の垣根はなくなる?フリーランスと上手く付き合える組織がアフターコロナは生き残る。

こんにちは、ナカイです。

最近はクラウドワークスやランサーズなど、クラウドソーシングサービスが一般的になってきました。

クラウドソーシングを使えばフリーランスの人に仕事を依頼することができます。

フリーランスの人に依頼する最大のメリットは企業に依頼するよりも安価になることです。

リモートワークは主流になるか

現在大企業を中心にリモートワークが進んでいます。
調査によると、エンジニア職の約7割が9月以降もリモートワークを続けたいと思っているとか。

ソフトバンクも在宅手当ての支給を発表しました。

ちなみにリモートワークを続けたい理由の1位は「通勤しなくていい」でしたね。

通勤時間を無駄だと考えている人は多かったようです。

また、電車通勤は心理的に抵抗がありますよね。
統計的にコロナの感染率は低くても、電車通勤という選択は自分からリスクを高めてるような気がしてできればもう嫌だと思っている人は多いと思います。

リモートワークが増えると社員と外注の垣根はなくなるか

現在会社側にも社員側にもメリットがあるということでリモートワークが普及していますが、本当に社員にとってデメリットはないのでしょうか。

ここは今色んな人が議論していて、リモートワークが常態化すると経営者視点で見るとそこに外注化の選択肢が入りやすくなってくる可能性があるのではないかという論点があります。

もしそうなれば、リストラして外注化を進めていくトレンドができる可能性もあると思います。

もちろん日本の雇用制度は簡単にリストラすることはできませんが、このままの制度だと企業は雇用調整できずに倒産が相次ぐという流れができてしまうので、どうなるかはわからないのかなと思いますね。

そうなるとフリーランスの需要が増えてより流動的な労働市場になる可能性もあるのかなと思います。

フリーランスを組織化して法人のような動きをする流れも

ちょっと前からある流れですが、フリーランスが組織化して法人として企業に営業をかけてるケースが増えています。

これはリモートワークに強いフリーランスの強みを活かしつつ、個人の弱さを補えるというメリットがあり、今後はこのような組織形態も企業で働く社員の驚異になっていく可能性があります。

僕のフリーランスとの付き合い方

僕は10年以上前からフリーランスと契約して仕事をしています。

今は通話することすら減りました。
ビデオレターを作って共有することが多いですね。

理由はそっちのほうがフリーランスの人に喜ばれるからです。
通話をするということはフリーランスの人と時間を合わせる必要があります。

リモートワークにおいて時間を共有して拘束することはリモートワークのメリットを減らしてしまう行為にあたります。
リモートワークが得意なチームだと時間共有を最低限にして品質の高いものを納品することができます。

もし信頼できるフリーランスを見つけたい、見つける方法が知りたいという方はお気軽にご相談ください。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

関連記事
no image ブログ

ひとり起業の強みは顧客との共創がしやすいことだと思う。今日LINEで顧客からの要望をヒントにクーポン機能の小さな改修をした。ひとり起業は顧客との接点を増やすことで「改善案を都度提案してくれる仕事仲間」を無限に作ることができる。

2020-08-06
ライムホールディングス株式会社
こんにちは、ナカイです。 今日はサブスクペイの割引コード機能をほんっとに少しだけ改修したというお話です。 改修内容は下記の通り。  …
no image ブログ

ひとり起業家やフリーランスほど無料プランを作るべき。理由はその商品が足となって勝手に集客をしてくれるから。無料プランを使った人が「もっと便利に使いたいな」と思ったら有料プランに移行する流れを作るのが望ましい。

2020-08-08
ライムホールディングス株式会社
こんにちは、ナカイです。 先日知人から「知り合いの士業の人にサブスクペイを勧めてみたんだけどさ、ペイパルで間に合ってるって言われた」と …
no image ブログ

以前クライアントのアプリがリジェクトされたとき異議申し立てをしたらAppleのアメリカ本社から電話がかかってきた。窓口に出たのは日本人。「先進的なアプリじゃないと審査を通せません」と言われたので「マクド○ルド公式アプリはそこまで先進的ですか?」と聞き直した結果…

2020-08-14
ライムホールディングス株式会社
こんにちは、ナカイです。 僕はゲームが好きで、流行りのゲームは一通り触っています。 本日下記のようなニュースがありました。 人 …