ブログ

弊社と取引のあるフリーランスエンジニアにもサブスクペイを導入してもらいました。サブスクペイは請求がない月があっても再度クレカ登録する必要がありません。

こんにちは、ナカイです。

弊社はコロナが流行する前から多くのフリーランスエンジニアと遠隔的に開発依頼をしています。

そんなフリーランスエンジニアにもサブスクペイを紹介し、利用してもらうことになりました。

「エンジニアなら自分で作るんじゃないの?」

と思いますよね。実際自分もさすがにエンジニアは自分で作るんじゃないかなと思ったんですが、サブスクペイは既にいろんな機能が実装されているので自分で開発するよりもコスパがいいと言ってくれました。

決め手は自動決済なのにも関わらず金額変更・未請求月に対応していること

エンジニアの人にも利用してもらえる理由として、サブスクペイが金額変更ができることと未請求月に対応している点が挙げられます。

当たり前ですがシステム開発は開発する内容によって見積もりが変わります。つまり請求額が毎月変わるということです。

通常のサブスクリプションとは定額サービスのことを示すことが多いので、定額課金にのみ対応しているサービスが多いです。

それに対してサブスクペイは毎月の決済金額を変更することができます。
もちろん都度クレジットカード支払いをしてもらう必要はなく、一度登録すれば毎月異なった金額を自動決済できるのです。

さらにサブスクペイは未請求月(請求書を送る必要がない月)にも対応しており、金額を0円に設定すると次の決済日を自動的にスルーしてくれます。

意外と0円決済に対応しているサブスクリプションサービスはないのではないでしょうか。

フリーランスはライター・ウェブデザイナー・プログラマ(エンジニア)が大半を占めています。

つまり、彼らに使ってもらうことがサブスクペイの利用拡大につながるということです。

今後も多くのスモールビジネスプレイヤーに便利だと言ってもらえるように日々機能追加・改善していきたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

関連記事
no image ブログ

noteとココナラとサブスクペイの初期費用・月額利用料・決済手数料を比較してみました。もし僕が副業でビジネスを始めるならnoteかココナラを使います。サブスクペイは使いません。ただ、本業でクレジットカード決済を導入するならサブスクペイを使います。

2020-08-07
ライムホールディングス株式会社
こんにちは、ナカイです。 今日はnoteとココナラとサブスクペイの利用料金を比較したいと思います。 noteやココナラは、言わず …