ブログ

サブスクペイの料金プランを一新しました。サブスクプランはオンラインサロンや使い放題(サブスクリプション)サービスを作って月額クレカ決済を導入したい方向けのプランで請求書プランはクライアントの月末請求にクレカ支払いを導入したい方向けのプランです。

こんにちは、ナカイです。

今日は弊社のクレジットカード決済導入サービス「サブスクペイ」のお知らせとなります。

サブスクペイの料金プランを一新しました。今までは「パーソナル」「ビジネス」というサービスの規模によって選択する二種類のプラン構成だったのですが、用途によるプラン構成に変更しました。

新プランはこの2種類

  • サブスクプラン
  • 請求書プラン

この2つのプランはご利用料金は変わりませんし、どちらも月額自動課金のクレジットカード決済が導入できるのですが、使える機能が少し異なります。
それゆえ用途が違うというわけです。

前払い/後払い サブスクプランは前払い、請求書プランは後払い
金額の変更 サブスクプランは毎月定額、請求書プランは毎月の金額を変更可能
無料お試し期間 サブスクプランは無料お試し期間を設定可能、請求書プランは設定不可
こんなサービスのおすすめ
  • サブスクプランは無料お試し期間を設定できるのでオンラインサロンや使い放題の定額制サービスの利用に向いています。
  • 請求書プランは毎月の決済金額を請求側が変更できるのでフリーランスや士業、経営コンサルタントなどの業務委託・請負の毎月の請求の利用に向いています。

こんな感じですね。

サブスクペイは今年6月から弊社のクライアントにモニター利用してもらっていました。
そして8月1日に正式リリースして利用状況を確認したところ、請求払いの決済機能を利用しているサブスクペイ利用者は定額制サービスの決済機能を利用していないことがわかりました。

そこからサブスクペイ利用者にヒアリングし、用途によってプランを分けるに至ったというわけです。

サブスクリプションビジネスを始めたい人には使いやすいプランになったはず

サブスクペイはサービス名こそサブスクと称していますが、士業の請求業務を効率化したいという思想で作り始めたという側面があり、オンラインサロンや使い放題サービスの利用には不向きな料金プランでした。

例えばオンラインサロンや使い放題サービスは不特定多数のユーザーに申し込みしてもらうサービスです。
ですので士業向けの利用者数とどうしても合わないんですね。(例:ひとり事務所の士業の顧客数は10クライアントぐらいがひとつの目安だが、オンラインサロンは利用者100人ぐらいがひとつの目安)

そこでいっそのことプランを分けて、どちらの用途で使う場合でも余裕をもって利用していただけるようにしようというのが今回の料金プランの変更です。

詳しくはサブスクペイ公式サイトの料金プランページをご確認ください。

また、不明な点がありましたら気軽に聞いていただければと思います!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

関連記事
no image ブログ

ひとり起業の強みは顧客との共創がしやすいことだと思う。今日LINEで顧客からの要望をヒントにクーポン機能の小さな改修をした。ひとり起業は顧客との接点を増やすことで「改善案を都度提案してくれる仕事仲間」を無限に作ることができる。

2020-08-06
ライムホールディングス株式会社
こんにちは、ナカイです。 今日はサブスクペイの割引コード機能をほんっとに少しだけ改修したというお話です。 改修内容は下記の通り。  …
no image ブログ

Stripe(サブスクペイ)とPayPalの違いがわからないと言われたのでZOOMで説明したら「え、それめっちゃいいやん」と言われた。ペイパルの認知度が高いから切り口はここにしたほうがいいなと実感。勉強になりました。

2020-08-05
ライムホールディングス株式会社
こんにちは、ナカイです。 サブスクペイはStripeと連携して使うクレカ決済導入サービスですが、サブスクペイの公式サイトを見た人から「 …