ブログ

ひとり起業の強みは顧客との共創がしやすいことだと思う。今日LINEで顧客からの要望をヒントにクーポン機能の小さな改修をした。ひとり起業は顧客との接点を増やすことで「改善案を都度提案してくれる仕事仲間」を無限に作ることができる。

こんにちは、ナカイです。

今日はサブスクペイの割引コード機能をほんっとに少しだけ改修したというお話です。
改修内容は下記の通り。

「割引コードにハイフン(-)が使えるようになりました」

これだけです(笑)

全然大した改修ではないんですが、サブスクペイを利用してくれている方からの要望でした。

割引コードはいわゆるクーポンコードのこと

サブスクペイはシンプルなクレカ決済導入サービスですが、意外と多機能でして、割引コード機能というものが実装されています。

ここに割引コードを入力すると料金を割引できるというものなんですが、今日までは使用可能文字はアルファベットの大文字と小文字だけでした。

そこにハイフンが追加されて使えるようになったというわけです。

その何気ないやり取りからさらに改修のヒントをもらった

この要望自体はそんなに大きな話ではありませんし、エンジニアに話してすぐに対応してもらいました。

ただ、この要望を聞いているときに別の要望などもたくさん聞けて、その中にはお宝とも呼べるような改善のヒントもあり、こういった接点はどんどん持っていきたいなと心から思うことができました。

ひとり起業の最大のデメリットは顧客との会話を楽しむことで最大のメリットにできる

ひとり起業は自分のやりたいことを実現しやすい分、自分ですべてやらなくてはいけません。

視点がひとつということは、それだけ近視眼的になり、視野が狭くなるリスクがあります。

しかし、ひとり起業家だからこそLINEやFacebook、Twitterで直接繋がり顧客と仲の良い知人のような関係を築くことができます。
こういう状態が作れたら外から様々な意見やアドバイスをタダで手に入れることができますよね。

つまり、顧客が自社の製品やサービスの改善案を常に出してくれるある種の仕事仲間になるということです。

「LINEを顧客に教えたくないな」

「個人の携帯番号を教えたら休日に電話かかってきそうで嫌だな」

このような心理になりづらいのもひとり起業家(自分の好きなことを仕事にすること)のメリットだと思います。

以前のブログでも書きましたが、僕は自分のライフワークとしてサブスクペイを立ち上げました。
ですので、休みの日という概念もありませんし、好きなときにサブスクペイをご紹介し、使いたいと思った人に利用してほしいと思っています。

だから例えば夜中にお客さんから連絡が来てもワクワクしかありません。
どんな新しいイベントが始まるんだろうと、物語の主人公になった気持ちです。(笑)

これはちょっと僕の極端な性格がゆえの話かもしれませんが、ひとり起業家の醍醐味のひとつだと思っています。

なので僕にも時間問わずいつでも連絡してきてください。

起きてたらすぐにお返事させていただきます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

関連記事
no image ブログ

以前クライアントのアプリがリジェクトされたとき異議申し立てをしたらAppleのアメリカ本社から電話がかかってきた。窓口に出たのは日本人。「先進的なアプリじゃないと審査を通せません」と言われたので「マクド○ルド公式アプリはそこまで先進的ですか?」と聞き直した結果…

2020-08-14
ライムホールディングス株式会社
こんにちは、ナカイです。 僕はゲームが好きで、流行りのゲームは一通り触っています。 本日下記のようなニュースがありました。 人 …
no image ブログ

他人に好かれる性格ではないと自己分析していた僕が知人に長所3つを聞いた結果こんな回答が返ってきました。それがサブスクペイをライフワークにしようと思ったきっかけです。

2020-08-02
ライムホールディングス株式会社
こんにちは、ナカイです。 昨日サブスクペイ β版をリリースしました。Stripeという米国の決済プラットフォームを使った小規模事業者向 …
no image ブログ

リモートワークが進むと社員と外注の垣根はなくなる?フリーランスと上手く付き合える組織がアフターコロナは生き残る。

2020-08-22
ライムホールディングス株式会社
こんにちは、ナカイです。 最近はクラウドワークスやランサーズなど、クラウドソーシングサービスが一般的になってきました。 クラウド …